東急ハンズ渋谷店

店舗のイチオシ

【渋谷店】9/29更新:作家総勢21名集結!「ゆけ!!俺のロボ展 〜ジパング編〜」

  • 開催期間2021年10月1日(金)~27日(水)
  • フロア/コーナー7A>>
【渋谷店】9/29更新:作家総勢21名集結!「ゆけ!!俺のロボ展 〜ジパング編〜」

ジャンルを超えたクリエイター総勢21名が渋谷に集結!

ロボ展、4回目となる
今回のサブテーマは「ジパング」。

かつてマルコ・ポーロが東方見聞録に記した黄金の国ジパング。
その記述は日本のようでいて少し違う、もうひとつの架空の国でした。

世界が大きく変わろうとしている今、日本も例外なく、力強い変化を求められています。
今新たに日本が記されるとしたら、旅人たちを惹きつけるこの国の魅力とはいったい何なのか?
日本が持っている美しいモチーフ、未来へ繋ぎたい文化・哲学など、
今こそ遠い異国の地に伝えたい、誇るべき「ジパング」のカタチとは?
造形作家、イラストレーター、美術家など、ジャンルを超えて活躍するクリエイターたちの目を通した、
架空の日本=「ジパング」のロボットたちを、たっぷりとお楽しみください。

「ゆけ!!俺のロボ展」とは

「ゆけ!!俺のロボ展」は造形作家、イラストレーター、美術家など、
ジャンルを超えて活躍するクリエイターたちの、
平面、立体からなる、販売を目的とした作品を展示するグループ展です。


開催フロア:東急ハンズ渋谷店 7Aフロア
開催期間:2021年10月1日(金)12:00〜10月27日(水)

企画・HOW HOUSE 公式WEBhttps://howhouse.jp/


◆購入制限について◆

より多くのお客様にお買い上げいただくため、
初日10月1日の12時~14時はお一人様1会計1点までとさせていただきます。
この時間帯はデジタル入場整理券をお持ちの方のみご入場できます。
お一人様、1会計 1点まで。
※14時以降は購入制限はありません。どなたでもご入場できます。
※当イベント関連商品のお会計は、すべて 7Aフロア レジにてお願いいたします。
※事前予約やお取り置きは承っておりませんのでご了承ください。
※1点モノの作品は返品をお受け出来ませんので、あらかじめご了承ください。


◆初日のグッズエリア入場規制について◆

初日10月1日(金)は混雑回避のため、WEB先着申し込みによる「デジタル入場整理券」の配布を行います。
以下の時間帯は「デジタル入場整理券」をお持ちの方のみご案内いたします。

整理券入場時間:12:00〜14:00
ご案内ブロック(20分・入れ替え制)
①12:00 ②12:20 ③12:40④13:00 ⑤13:20 ⑥13:40
それぞれの回、15分前より7Aフロアにて受付開始いたします。
※14時よりフリー入場予定。
※お申し込み多数の場合は、ご案内時間を延長する場合がございます。また、申し込み状況によりフリー入場の開始時間が繰り上がる場合もございます。

◆注意事項◆
・整理券入場ご案内前のお並びはご遠慮ください。
・当日の整列は、到着時の先着順ではございません。整列は申し込み受付順でのご案内いたします。
・整列ご案内時にお申し込みメール・お名前を確認させていただきます。
・申し込みの代行、権利の譲渡不可。転送メールやスクリーンショット、画像の場合は当日の整列をお断りさせていただく場合もございます。
・お申し込み回に間に合わなかった場合、到着回の最後尾へのご案内となります。
 ただし、14時以降はフリー入場となるため整理券は無効となります。


◆申し込み受付◆

申し込み期間:2021年9月25日(土)13:00〜9月27日(月)19:00まで(予定)9月28日(火)21:00まで
9/28 更新 加受付いたします。9月28日(火)13:00〜21:00まで

お申込みはおひとり様1回まで。
注意事項ご確認・ご了承の上、お申し込みください。

※重複したお申込みにつきましては一件を残し、その他は無効とさせていただく場合がございます。
申し込みの代行、権利の譲渡不可。転送メールの場合は当日の整列をお断りさせていただく場合もございます。
※ tokyu-hands.co.jp ドメインより自動返信メールをお送りします。事前にドメイン指定受信設定をお願いします。
(自動的に迷惑メールとなる場合がございます。予めご了承ください。)

受付終了しました
デジタル入場整理券・申し込みページへ



New 9/29更新
「ゆけ!!俺のロボ展 〜ジパング編〜」
初日10月1日(金)の
「デジタル入場整理券」ご案内順リスト

ご来店時には以下の内容を守って頂くようお願い申し上げます。

・整理券入場ご案内前のお並びはご遠慮ください。
・当日の整列は、到着時の先着順ではございません。整列は申し込み受付順でのご案内いたします。
・整列ご案内時にお申し込みメール・お名前を確認させていただきます。
・申し込みの代行、権利の譲渡不可。転送メールやスクリーンショット、画像の場合は当日の整列をお断りさせていただく場合もございます。
・お申し込み回に間に合わなかった場合、到着回の最後尾へのご案内となります。
 ただし、14時以降はフリー入場となるため整理券は無効となります。

◆購入制限について◆
より多くのお客様にお買い上げいただくため、
初日10月1日の12時~14時は
お一人様1会計1点まで とさせていただきます。
※14時以降は購入制限はありません。どなたでもご入場できます。
※当イベント関連商品のお会計は、すべて 7Aフロア レジにてお願いいたします。
※事前予約やお取り置きは承っておりませんのでご了承ください。
※1点モノの作品は返品をお受け出来ませんので、あらかじめご了承ください。

ただいま東急ハンズでは、新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みを行っております。
ご来店時にはマスク着用・手指の消毒実施及びソーシャルディスタンシングへのご配慮をお願い致します。

◆当日のご案内順リスト◆
ご案内順リストはこちらをご覧ください→ ご案内順リストPDF

当日の「デジタル入場整理券をお持ちの方」の待機場所について◆
東急ハンズ渋谷店 7Aフロア Cフロア階段側
それぞれの回、開始15分前より


作品のお渡し時期について

お買い上げいただいた1点モノの作品は、その場でお渡しすることができません。
東京都台東区のギャラリー「HOW HOUSE EAST」での巡回展(12月10日~26日)終了後、
2021年の1月中旬以降に「HOW HOUSE EAST」店頭でのお渡しとなります。
また、一部の作品はそれよりもお渡し時期が数ヶ月先になるものがございます。
詳細は各作品に付いたキャプションをご確認ください。
また、ほとんどの立体作品(1点モノ)は郵送をすることができませんので、ご了承くださいませ。


◆作家一覧(順不同・敬称略)◆

robo_prf_01.jpgCHIKA TOYS 近廣 雄一/Yuichi Chikahiro

チカヒロユウイチ(通称:CHIKA) 広島県福山市出身。 学生時代からゲーム・漫画三昧、20代は引きこもって絵を描きまくる毎日。 そんな日常が身を結んで今の作品への出力になっている...のかも。

Twitter:
hiro_chika_you

robo_prf_02.jpgパコメカ 野上 悠/PACOMECHA Haruka Nogami

「PACOMECHA- パコメカ」は仕事で革のロボットを作ったのがきっかけで 2012年より制作開始。 クリアファイルをパーツごとに切り出し穴をあけ、接着剤は使わずリード線で縫ったり、切込みに差し込んだり、折ったりしてパーツを組み立ててメカ型の立体物やモビールを制作する。 カッコイイだけじゃない可愛く、コミカルな作品を目指している。 MONSTER Exhibition 2013 展出展。 モビール作りのワークショップなどを行なう。

Twitter:pacomecha_27 Website:http://pacomecha.com

robo_prf_03.jpg原 太一/Taichi Hara

1982年千葉県生まれ。武蔵野美術大学卒。 東京アートフェア出展、世界絵画大賞展 ウィンザーニュートン賞、 アート台北2017、第52回 昭和会展ニューヨーク賞、ザ・コンテスト・イン・ニューヨークにてグランプリ受賞。白日会展、白日賞・大宥美術賞受賞。個展、グループ展など発表多数。 千葉県【原の山アトリエ】と東京【アートスタジオ巣鴨】で絵画教室で講師をする傍ら、画家として千葉県を拠点にしつつ、 東京を中心に全国各地で発表、アートフェアに出品、ニューヨークにて個展と、活動の幅を広げている。擬人化されたウサギ「ギアス氏」と相棒の犬が様々な世界を旅するシリーズを描いています。

instagram:_taichihara Website:https://www.taichihara.net/

robo_prf_04.jpgART OFFICE WIT 野林 賢太郎/Kentaro Nobayashi

飛騨高山(岐阜県高山市)で生まれ育つ。 東京デザイナー学院名古屋校でグラフィックデザインを学び、その後デザイン事務所や写真修正スタジオに勤務。 三十を目前にしてフリーランスのイラストレーターとなる。 当初は、エアブラシを使ってイラストの制作を行なっていたが、1995年から制作環境をデジタルに移行。2015年より拠点を岐阜市に移す。 レトロフューチャーなマシン、クールなメカ、また、メディカルイラストレーションなどを得意としている。

Website:http://nobaken.com

robo_prf_05.jpgMASAKI 関 真生/Masaki Seki

廃墟や終末世界が好きで水没した世界を立体造形で表現している。 2008年からジオラマを作り始める。 第17回全日本オラザク選手権にてサンダーボルト部門金賞受賞。 第6回浜松ジオラマグランプリにて既成キット部門大賞受賞。 各種模型誌にてライターとして作例を制作。 TV番組などメディアにて水没ジオラマが紹介される。

Twitter:MasakiSe Facebook:masaki.seki.7 Instagram : masaki1006

robo_prf_06.jpgまいけるからわた/Michael Karawata

デザイン会社時代、男児玩具の初期SDガンダムに企画デザインのメンバーとして参加。 退社後、漫画家業のかたわら、戦隊ものなどの映像作品でクリーチャーデザインも手がける。 2000年頃より立体造形を始め、2009年日本招き猫大賞受賞。 2015年パリ・NEKO・コレクション大賞受賞。 現在は造形作家として化け猫を作り続けている。

Twitter:michaelkarawata

robo_prf_07.jpg兼房 光/Hikaru Kanefusa

イラストレーター・漫画家。1973年生まれ。広島県在住。 フリーランスとして書籍、ゲーム等でのイラスト制作を中心に活動中。 月刊ガンダムエースの企画『機動戦士ガンダム MSV-R』でイラストを担当、後に同企画の漫画『機動戦士ガンダム MSV-R アクショングラフィック編1』を連載。全2巻で単行本化。

Twitter:h_kanefusa Website:https://kanepun.com/

robo_prf_08.jpg中村 豪志/Takeshi Nakamura

大阪芸術大学デザイン科卒業。 電機メーカーの工業デザイナーを経てフリーのイラストレーターへ。 企画、書籍、パッケージ、カードゲーム等のイラストレーションやデザインで活動。 オリジナル作品ではSF的世界観でロボットやロケット、カメやウサギ、 UFOなどを描く。

Twitter:F_M_U Tumblr:https://chronosolar.tumblr.com

robo_prf_09.jpg河津 一守/Kazumori Kawatsu

1991年、レインボー造型企画にアルバイトとして参加。 その後社員となり、「スーパー戦隊シリーズ」「メタルヒーローシリーズ」「平成ライダーシリーズ」や、雨宮 慶太監督「ハカイダー」等、数々の作品の造形に携わる。2015年、レインボー造型企画を退社、独立。 〈キャラクター造形 アルチザン〉として、怖すぎるゆるキャラ〈カッパのガジロウ〉を始め、着ぐるみや衣装、プロップ等を制作。

Instagram:kazumorikawatsu

robo_prf_10.jpg村瀬材木/Murase Zaimoku

1989年生まれ三重県出身。長野県在住。大阪芸術大学映像学科卒業後、CGデザイナーとしてアニメ会社に勤務。2020年より独立、フリーの造形作家として活動。「硬さと柔らかさ」をテーマに、水生生物モチーフでメカをデザイン、造形物制作をしています。「ウオメカ」「MechanicalWatercreaturese」を展開してます。

Twitter:Latimeriaa Instagram:murasezaimoku

robo_prf_11.jpg樋口 雄一/Yuichi Higuchi

日本のメカニックデザイナー。1974年デザイン会社にイラストレーターで入社しミクロマンを担当。 以来ロボット玩具のデザインを多く手がける。 やがて「伝説巨神イデオ ン」「銀河旋風ブライガー」「魔境伝説アクロバンチ」などアニメのロボッ トの企画デザインも。 2008年からフリーになり「ジャイロゼッター」や、「超・銀河戦団」「スペース☆ダンディ」のロボットデザインの一部を担当。 2016年からはロボットアーティストを名乗り、「平和の OS(方程式)」 の絵画展を展開している。

Website:http://www.mandala-web.info

robo_prf_12.jpgとんかちしょうねん/TONKACHI-SHONEN

錆びたロボットやメカなど哀愁漂うものをモチーフにイラストレーション、オブジェ、絵本など様々な作品を制作している。 2020年に個展「STEEL LIFE」をHOW HOUSEにて開催。 ワンダーフェスティバル、Almighty Market等のイベントに参加。 TURNER AWARD 2016にて未来賞受賞。

Twitter:tboy1123 Website:https://tboyintheend.wixsite.com/ht-works

robo_prf_13.jpgミツタケ/Mitsutake

1972年京都府生まれ。ロボットアニメ好きな少年時代を過ごし、ネットゲームの影響で立体物に興味を持ち2003年に模型製作を開始。コンテスト、展示会や作品展などで作品を発表する。現在は関西の鉄道会社に勤務する一方で創作活動を続け、徐々に創作性の強い作品にシフト。「原作のない可愛げのある創作」にこだわった作品作りを続けている。2016年よりオリジナルの創作シリーズ「北極大戦」でワンダーフェスティバルに参加。海外の有名ガレージキットブランドからも作品がレジンキットでリリースされている。

Twitter:mi_tu_ta_ke Website:https://www.arcticwar.net

robo_prf_14.jpgクレイマン

可動をテーマに創作。 最近では「カタチ」「影」の気持ち良さに拘った作品を発表。 各種企画展、造形イベントに参加中。2019年で活動30周年を迎えた。

Instagram:claymanlabo

robo_prf_15.jpg宮島 弘道/Hiromichi Miyajima

武蔵野美術大学大学院美術専攻日本画コース修了。日本画団体展を中心に活動。5回日経日本画大賞展入選。公募団体ベストセレクション美術2014年推挙。そのほか個展、グループ展多数出品。現在創画会会員。女子美術大学教授。

robo_prf_16.jpgO.MORO DESIGN 諸星 昭弘

1990年 多摩芸術学園 デザイン科卒。 2006年 『O.MORO DESIGN』として活動を始める。 2007年 NHK教育「趣味悠々」鉄道模型の講師として出演。 2008年 絵本「おうちでんてつ」出版。 NHK教育「趣味悠々」鉄道模型の講師として出演。 2013年 新橋停車場「情景作家」展に参加。 2018年 スヌーピーファンタレーション展へ参加。 ワンダーフェスティバル上海に招待作家として参加。 身近な日用品から発想を拡げた「オモロな」ジオラマを製作する。

Instagram:omorodesign  Website:http://www.omorodesign.com

robo_prf_17.jpgcraft factory SHOVEL HEAD 宇田川 誉仁/Yasuhito Udagawa

東京生まれ。大学卒業後、建築設計事務所で7年間勤務の傍らオブジェ制作を手掛ける。 1996年に"craft factory SHOVEL HEAD"の屋号で創作活動に専念。 いろいろな素材を用いて、実在・想像上を問わず生物をモチーフとしたオブジェ制作を行っている。 機械的に再生・進化・変異した"メカニカルミュータント"と呼ばれる生物達は、私達の知らないところで既に棲息しているのかもしれない。
Instagram:ugauga_shovel_head
Facebook:Craft-Factory-Shovl-Head-361044910694166
Website:http://www.ugauga.jp/

robo_prf_18.jpg田上 司朗/Shiro Tanoue

武蔵野美術大学日本画学科卒業。 俺のロボARTコンテスト 2017で最優秀賞を受賞し、2018年「神話編」に初参加。 前回の「レトロフューチャー編」に続き参加。

Instagram:tanoue.shiro Twitter:hone0001600

robo_prf_19.jpg加藤 龍勇/Ryoyu Kato

イラストレーター、漫画家。 1984年、「模型情報」連載の『夢幻境戦士エリア』(菊地 秀行原作)で 「加藤 洋之&後藤 啓介」名義のコンビでイラストデビュー。 その後、小説のカバーイラストや雑誌のイラストなどで人気を博し、 1989年度の星雲賞(アート部門)、SFマガジン読者賞(イラストレー ター部門)を受賞。 1999年、後藤 啓介とのコンビを解消し、「加藤 龍勇」に改名。 以後は 絵本の出版や、展覧会を中心に活動している。

Website:http://www.fuki.x0.com/~burabura

robo_prf_20.jpg田村 映二/Eiji Tamura

静岡県沼津市に生まれる。日本大学芸術学部美術学科卒業後グラフィックデザイナーを経てフリーとなる。企業カレンダー、ポスター、チラシ、CDジャケット、書籍の表紙、パッケージ、ディスプレイと様々な媒体で使用される。また原画を展示する企画展も各地で開催され、その後いつでも作品を鑑賞していただくためのタムタムギャラリーを静岡県沼津市に開設。海外では2013〜2014年に台湾花蓮市に田村映二美術館開設。

Instagram:eiji_tamtam Website:http://www.tam-tam.ne.jp

robo_prf_21.jpgまつもと 俊介/Shunsuke Matsumoto

1970年生まれ。埼玉県出身。一般社団法人日本児童出版美術家連盟会員。 似顔絵チーム CHEFʼS(シェフズ)メンバー SHUNとして活動中。 1995年からフリーイラストレーターとして出版物や広告、企業カレン ダー、壁画、似顔絵、絵本等、様々な分野でのイラスト制作を展開。 2000年より、子供向けの雑誌や絵本等の立体制作をはじめる。 2011年に立体ユニット「ririconch」(イラストレーター増田 幸子とのユニット)を結成。 不思議な生き物たちを立体化した「マリチキワールド」を様々な場所で展開中!

Instagram:shuns21345 Twitter:shuns213 Facebook:shuns21345


ただいま東急ハンズでは、新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みを行なっております。
ご来店時にはマスクの着用・手指の消毒実施及びソーシャルディスタンシングへのご配慮をお願いいたします。
会場ではスタッフの指示に従ってください。
ご対応いただけない場合には、ご利用をご遠慮いただく場合がございます。

※画像はすべてイメージです。2021年9月29日更新。
以後内容の更新は渋谷店HP上にて行います。アプリでご覧のお客様はこちらのURL先をご覧ください。
https://shibuya.tokyu-hands.co.jp/item/7a/oreno-robo-ten.html